電話番号
予約ボタン

ブログ
Blog
12月
22
「画像を読む」 解答

さっそくですが、前回の解答です。
正解は、第5頚椎の前方脱臼です。
脱臼方向を表現する際、いくつか
ルールがありますが、脊椎においては
下位の椎骨に対する上位の椎骨の
位置で表すことが原則です。従って
今回の症例では第6頚椎(C6)に対して
第5頚椎(C5)が前方に脱臼していると
表現することになります。

それでは本日も
– 健康いう安心を いつもあなたに –