電話番号
予約ボタン

ブログ
Blog
9月
28
「ケガ」についての豆知識

今回は整骨院や整形外科でよく見かける
「包帯」について。包帯には様々な種類が
あり、それぞれ用途が異なります。
伸縮性のあるもの、ないもの。糊(のり)
がついているもの、ネット状になって
いるもの、などなどです。そのため、
目的に合った包帯を選び、正しい
巻き方をすることが重要となります。
整骨院で主に用いる包帯は、伸縮性の
ほとんどない非伸縮性の綿包帯で、
「巻軸(かんじく)包帯」と呼ばれます。
骨折や捻挫の処置の際、患部の固定を
図ることを目的に用いられます。
巻軸包帯は「さらし木綿」を種々の幅に
裂いて巻いたもので、幅ごとに以下の
ような種類があります。

それぞれの患部の大きさ、太さに適した
幅の包帯を選択し、用いられます。

それでは本日も、
– 健康という安心を いつもあなたに –